2019年12月26日木曜日

教師が自ら考える力を発揮すると危険

余った給食の牛乳とパンを約4年間にわたり
総額約31万円分持ち帰っていた
市立堺高校定時制課程の男性教諭(62)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。

教諭は市に全額弁済し、依願退職した。 毎日ニュースより



このニュースを見て何を感じましたか?



余った牛乳は廃棄されます。
それがもったいないから持って帰る。


どうせ捨てられてしまうものです。
それを1つ持って帰る。
これがどれほど悪いことなのか考えようと思いませんでしたか?



でも、考えてはいけないのが今の教育界です。


自分で判断してはいけません。


子供たちに「自ら考える力」を高めるように指導はしますが、
教師自らは、「自ら考える力」を発揮すると
自分の身を危険にさらすことになります。


どのようなことであれ、
教師は上司に伺いを立てて行動しなければいけません。



自分だけで考えて行動してはいけません。


とにかく、まずは先輩に相談する。

それでもわからなければ管理職に相談する。

それでもわからなければ最高責任者である校長に相談する。


相談しすぎて悪いということはありません。
自分で勝手に考えて判断する方が危険です。


公務員とはそういう職業です。


自ら考えるのは危険だという良い事例です。


ぜひを考えるのはやめましょう。
相談です。

2019年12月11日水曜日

体操着のシャツインに耐えられますか?


小学校の先生になる人に覚悟しておいてほしいことがあります。


シャツイン。



みなさんシャツインしてますか?


普通しないですよね?(^^;


夏の街なかでシャツインしている人の人数は
(会社員は除きますよ!)
圧倒的に少ないはずです。


むしろダサい部類に括られるのではないでしょか。


でも、みんさんが小学校の教師になったら、
学校ではシャツインを教えなければいけないのです。


体育着の上はズボンの中に入れる。


私も学校ではさんざん先輩教師に言われました。


私自身もTシャツをジャージの中に入れろと。


もちろん反抗して、端っこだけ入れていました。


だらしないなんて理由になりますか?
それって超個人的な解釈ではないでしょうか?


子供の体操服をズボンの中に入れることだって、
理由を聞けば、危険だからと・・・


何が危険なのか!?


だらしがないといっても、
別に街なかに行けばシャツインをしていないTシャツが
当たり前の社会です。


だらしないわけがありません。
危険なわけがありません。


だらしないの尺度はシャツインではないはずです。
シャツインが事故を防ぐ。なんて無いですよねw


それにも関わらず、
みなさんは教師になったらシャツインを指導することになります。


耐えられますか?



それに耐えられるなら教師合格です。


私は理不尽なことには従えないので去りました。
これは一例ですが、ほかにも理不尽なことはたくさんあります。


みなさんが経験した理不尽、現場の声をコメントでください。
待っています。

2019年12月9日月曜日

個性がない教師が個性を育む矛盾


個性豊かな子というお題目が
教育の世界では唱え続けられています。



みなさんはこれから教師の世界に飛び込む人たちだからこそ、
今のまっさらな目をもって
教師の世界を見つめてください。


染まらないでください。



果たして教師の世界は個性が豊かなのかと。



通知表を書く時期になったらわかると思います。


何を書くかがんじがらめです。


気が付けば、みなさんは染まってしまうかもしれません。
通知表の書き方なる本の文例に・・・



一人一人の個性をいかした通知表の文例集・・・


書き手である教師の個性はしんでます。


そして、言いたいことも書けないのが今の通知表なんです。
何か少しでもマイナスの表現があれば、
管理職に書き直しを迫られることも多くあるでしょう。


だんだん追い詰められて書くことがなくなり、
文例集に逃げ込む教師が多いのが現状なんです。


みなさんは、まっさらな目をもって、
そんな世界はおかしい!と声をあげてほしいです。


染まらないでほしいです。


服装、髪型、授業方法・・・


あらゆるところで皆さんの個性は
押し込められていきます。



だからこそ、個性を失った先生たちが
子供たちの個性を育むという矛盾が生まれてしまうのです。


みなさんは個性を失わないでください。
自分らしさを失わないでください。
教師という肩書に染まり切らないでください。


教師になった皆さんにぜひ伝えたいことでした。

2019年10月15日火曜日

海外の日本人学校で教師になるための3つの方法


私はバンコク日本人学校で教師をしていましたが、
海外の日本人学校で教師になりたい人も
このブログを読んでいらっしゃるかもしれません。



その方のために書いておきますね。



まず、海外の日本人学校で勤務するためには
2通りか3通りの方法があります。


1通りは、文部科学省から海外派遣教員として派遣される方法です。


この方法の場合は、まず教員採用試験に合格して、
正規の教員としてどこかの地方自治体で勤務していなければなりません。



もう1通りは、海外子女教育振興財団から申し込む方法です。


この場合は、教員採用試験に合格していなくてもOKです。

教員免許だけ取得しておけば、
誰でもチャレンジができます。


詳しくは海外子女教育振興財団のHPをご覧ください。
海外子女教育振興財団の雇用のページ


教員採用試験に合格していない若い先生が
海外では多く勤務しています。


正規教員になる前に教員経験を積みたいという思いと、
憧れの海外生活をしてみたいという思いをドッキングさせた方法ですね。


みなさんの中でも、海外生活に憧れがある方は
一回チャレンジしてみたらいかがでしょうか?



そして最後に、現地の日本人学校でダイレクトに採用される方法


教員の数が減る中、教員を確保するために
直接雇用をしている学校もあります。


自分が勤務してみたい海外の日本人学校のHPでも募集しておらず、
海外子女教育振興財団のHPにも載っていないので、
現地にいないと手に入らない情報です。



一か八か、自分が勤務してみたい日本人学校に
直接メールで問い合わせてみることをおすすめします。



ということで、海外の日本人学校で教師になるための
3つの方法について説明しました。


頑張ってくださいね。