2018年1月26日金曜日

教員採用試験の面接対策の究極の問い「なぜ」

教員採用試験では面接があります。


面接の技術など様々ありますが、
私が考える一番の面接対策は
「なぜ?」を自問自答しまくることです。



この「なぜ?」を繰り返していくと、
自分の本質に迫れるからです。


例えば、
「なぜ教師になりたいの?」
という問いに対して、
「子供が好きだから。」
と答えたとします。


さらにたたみかけます。

「子供が好きだとなぜ教師なの?」


すると自問自答が始まります。


別に子供が好きなのであれば、
教師でなくても保育園でも幼稚園でも、
塾でも良いはずです。


もしくは町のサッカーコーチでも
水泳コーチでも、
子どもに関わる仕事なんて山ほどあります。


その中で「なぜ教師なの?」と
自問自答すると、
どうしても違う理由を探す必要が出てきます。


自分のオリジナルの答えが
掘り出されてくるまで「なぜ?」を続けるのです。


こうして出した答えは
自分のオリジナルなものであり、
さらに本質をついた答えになっているはずです。


すると、面接でも自信をもって答えることができます。
これ以上は無い!というほど「なぜ?」を繰り返しているので、
言葉に熱量が加わってきます。


この「なぜ?」をあらゆる問いに対して
投げかけていくのです。


教員採用試験の面接対策には
「なぜ?」の問いを繰り返し、
自分の内面をトコトン掘り下げる。


ぜひ、試してみてくださいね。



2018年1月18日木曜日

教員採用試験の面接で合格する人、不合格する人の特徴から学ぶ!



教員採用試験の面接で失敗してしまう人には
ある特徴があります。


その特徴とは、
「挙動に自信がない、不安が現れている」
ということです。



教員採用試験の面接官は何を見ているか
というと、あなたという教師に
子どもたちを任せることができるか?
というポイントです。


目がキョロキョロしていたり、
言動がキョドっていたりする人に
子どもを任せたいとは思えません。


どうして挙動が不審になってしまうのか?




それは教採の面接にのぞむにあたって、
自信がないからです。


どうして自信がないのか?


それは自分の考えが深堀されていないからです。



自分が教師になぜなるのか?
自分が教師になって何がやりたいのか?
どうして教師でなければならないのか?


といったような教採の面接項目に対して
自分だけのオリジナルな回答に深堀されている人は
自信をもって教採の面接にのぞむことができます。


それらの項目に関して、
深堀されておらず、
おぼろげな状態で面接に臨んでいる人は、
自信をもてず、極度の緊張状態に襲われて
挙動不審になってしまうのです。


泰然自若とするためには
事前準備が不可欠。


面接対策は早めにすることをおすすめします!

必出テーマで押さえる教員採用試験のための論作文&面接対策



2018年1月11日木曜日

教師に向かない「人の顔色をうかがう」タイプの人へ




教師という仕事に向いている人と向いていない人がいて、
そのタイプはたくさん例を挙げることができます。



が、このタイプの人は教師に向いていない
というものがあります。



人の顔色が気になるタイプの人です。


人に嫌われたくないから人の顔色ばかり気にしてしまう。


その様なタイプの人は
教師になってかなり苦しむことになるでしょう。


なぜなら、子どもは大人以上に
自分の感情を表情や態度に出してぶつけてくるからです。


いちいち子どもの顔色を気にして
好かれようとしてしまっていては、
この仕事は成り立たなくなってきます。


正しいことをしているなら
多少は嫌われてもいいという
肝を据える必要も出てくるのです。



例えば、注意一つとっても、
高学年女子の中には睨み付けるように
反抗的な態度をとる子もいるものです。


そのような態度に負けない心をもてるか?
そのことは教師になる資質として
かなり大切な要素です。


もし、人の顔色が気になる人がいたら、
次の本をおすすめします。


ベストセラーになったアドラー心理学の
「嫌われる勇気」です。


人に嫌われてもいいという心をつくる。


教員採用試験の勉強とは別になるかと思いますが、
実は面接のときにも活きてくる考え方です。
さらに、みなさんが合格した後に
とても大切になってくる考え方でもあります。


ぜひ、心に留めておいてください。





2018年1月8日月曜日

教員採用試験の倍率について



教員採用試験を受ける人たちが気になることが
受験者数と合格者数から求めた倍率でしょう。



倍率が高い方が合格することが難しくなり、
低い方が簡単になる。


単純に言えば、そのような物差しが倍率。




でも、教員採用試験の倍率の高さは、
自分ではコントロールできないもの。


その自分でコントロールできないものに
意識をとられてしまっていても、
自分の勉強には何らプラスにはなりません。



かえって倍率が高いときには、
変な悩みが生じて、
教採の勉強をするより、
友だちに悩みを相談するなど
無駄な時間を過ごしてしまうことすらあります。



教採に合格したいのは受験者みんな同じ思い。


倍率が高い、低いも気になるとは思いますが、
コントロールできない部分に意識を払うなら、
目の前にあるやるべきことに集中した方が
自分の合格率は上がります。


教採の倍率を見て、危機感を覚えて気合いを入れる
材料にするなら合格の倍率も良い数字になります。



もし、教員採用試験の倍率が高くて、
不安になっている方がいたら、
今すぐ考えるのを止めましょう。



考えるべきところは、
どうやって自分の合格の可能性をアップさせるか。
そこにつきるのです。