2017年8月5日土曜日

新任教師の自殺者が10年間で20人以上という現実で役立つ新任教師の心構え。

10年間で新任教員の少なくとも
20人が自殺しているとのこと。


意気揚揚と教員採用試験を目指している
みなさんにお知らせしづらいですが、
現状を知っておくことは大切なことです。


真剣に努力を続けている人は
教員採用試験に合格できるでしょう。


教師としての人生がスタートすると
そのレース場からは
棄権できない雰囲気があります。


支えてくれる人が多くいるし、
一生懸命頑張って手に入れた教職です。

さらに教職というのは、
他の職業と違って、聖職と呼ばれるほど、
仕事と捉えづらいものがあり、
辞めづらくなります。


そもそも教員になろうとする人は
優しかったり、
真面目だったりする人が多いのではないでしょうか。



そんな真面目な人であればあるほど、
理想と現実が違うときに絶望感を覚えてしまいます。



真面目過ぎると軽く流せないで
全て正面から受け止めてしまうんです。


例えば、忘れ物がひどい子がいたとします。
その子じたいが高まる必要はありますが、
家庭でのしつけが全くなっていないことがあります。


それにも関わらず、
教師が全て自分で何とかしなえれば!
と強く思いすぎてしまうと
苦しみが生まれます。


こんなに頑張って指導しているのに
どうして変わらないの?と。


家でめちゃくちゃな生活をしたいたら
子どもはそうは変わりません。


そして今後は家庭に連絡をすればしたで、
逆キレされることもあるのです。


真面目にすべて受け止め過ぎてしまうことで、
心が少しずつ壊れていってしまうんです。


最終的に自殺に追い込まれてしまうくらい
悩んでしまう先生も出てきてしまい、
先に述べた統計結果につながります。


これから教師になるみなさん。
希望に胸が高鳴り、
熱意があふれ出てしまいそうでしょう。


が、あえて現実的なことも
身を守るためには必要なので
お知らせしておきました。


情熱はあっても
肩の力を抜いて自然体で
教職にのぞんでくださいね!





2017年8月3日木曜日

教採の合否にまで確証を求めるから苦しくなる

私たちは子どもの頃、
何か正解があるものごとを
学んで大きくなってきました。


教員採用試験を受験すると覚悟を決めても
不安で仕方がない人もいると思います。


今まで何か正解があることを
習ってきた生き方の延長線上に
この教員採用試験がある。


だから、
合格するという唯一の解を求めないと
心が不安になってしまう。


でも、人生というのは
解が1つに定まるなんてことは
そうあるものではないです。


ましてや教員採用試験なんてものは、
合格するなんて確証は絶対に手に入らない試験です。


手に入らない物を求めるから苦しい。
手に入らない物を求めるから不安。


教員採用試験に合格するか、
合格しないか、
そんな気持ちは横に置き、
今日やるべきことをやる。


その愚直さが合格を引き寄せてくれるんです。


教採の勉強、頑張ってくださいね。

----------------------------------------------------
私は論文試験が時間が余るくらい余裕にできました。
それは自分の論文の書き方の「万能の型」をもっていたからです。
今後使うことが無いのですべてをプレゼントします!
こちらから
教員採用試験の論文の書き方「万能の型!4つの塊」
----------------------------------------------------

2017年7月27日木曜日

教員採用試験の面接は第一印象で決まる




人間は五感の生き物です。


言葉も大切ですが、
目から入ってくる情報で
かなりの部分を判断することができます。


何となく好き。
何となく嫌い。

みなさんも経験あるんじゃないですか?


面接官だって人間です。
さらに人を見るプロです。


全ての要素から総合的に人物を判断しているもの。


外見は自分で簡単にコントロールできる部分です。

それにも関わらず、
外見がダメだと
その簡単にコントロールできる部分に
気が回らない人。

常識、センス、判断力などが
弱いのではないか?
という印象すら与えます。


どんな外見がマズイか。


別にブランドで固める必要なんて
全くありません。


まずは髪型。


お笑いの中岡さんのように
ぱさぱさな髪ではないですか?

整髪料くらいつけましょう。
別にばりっと固める必要はないけど、
多少はうるおいがあってまとまっている状態がいいです。

全く無頓着なパサパサ状態だと
人間としてどこか抜けているところがあるのでは?
という印象すら与えます。


スーツやシャツ、ブラウスなど。

これはブランドではなくて、
自分のサイズにあったものを選べばOKです。

面接会場に超ダボダボのスーツ着ている人がいました。
これで平気でいられる人間的なセンスを疑います。

靴がきれいですか?
革靴に一回もオイル塗ったことがないんじゃないか?
ってくらい輝きゼロの革靴の人もいました。
悪い意味で目立ちます。


短い靴下なんて変ですよ。
座ったときに足首が見えている男性もいました。
社会人としての常識の問題です。


面接に望む際テクニック論も大切ですが、
もっとも基本になるのは身だしなみ。
面接官に印象が悪ければ
マイナスの部分が目立って伝わる。


ぜひ、まずは外見をしっかりきめてくださいね!

2017年7月20日木曜日

教員採用試験に自信をもつ方法

教採自信あります?


そんなことを聞かれて、
100%あります!なんて本気で言える人がいたら
かなり危険ですよね。


自信なんて揺らいで当然です。
ましてや、一度も受けたことが無い
教員採用試験に自信があるか?
なんて答えようがありません。


答えようがない。


ということは
自信があると答えてもいいわけです。

どっちも正解でないなら、
自分で勝手に選んでいいんです。


人間は不思議なもので、
自信が態度に出るということもありますが、
態度が自信につながるという逆の流れもあるんです。


だから、
教員採用試験に合格することに
自信がある自分なら、
どのような姿勢、表情、歩き方でいるか、
立ち振る舞いをチェックしてみてください。


そして、教員採用試験に合格しそうな
自分の姿らしく振舞ってみてください。

すると、不思議と自信が沸いてくるものです。


自信が沸いた方が
勉強への取り組みも
エネルギーが沸いてくるものです。


単純な方法ですけど、
教員採用試験の勉強に少しでも効果あるなら
やってみてもよくないですか?

ということで、
教員採用試験の勉強頑張ってくださいね。
では。



--------------------------------------------------
教員採用試験の合格までへの地図があるか無いかで、
合格にたどりつくまでの確率は大きく変わります。
ぜひ、合格までの道のりを頭の中にインストールしてください。
こちらから
--------------------------------------------------


----------------------------------------------------
私は論文試験が時間が余るくらい余裕にできました。
それは自分の論文の書き方の「万能の型」をもっていたからです。
今後使うことが無いのですべてをプレゼントします!
こちらから

教員採用試験の論文の書き方「万能の型!4つの塊」
----------------------------------------------------