2015年6月15日月曜日

暗記が思うように進まずに苦労している方へ【教員採用試験勉強】


教員採用試験を独学で勉強していて
暗記に苦しんだ記憶があります。


それはどうしても覚えにくいものがあるときです。



なんだか自分の能力を疑ってしまう瞬間。


でも、そんなとき、記憶するとはどんなことかを知っておくと
ちょっとは気が紛れます。


私は小学校の頃に住んでいた家の
電話番号を今でも覚えています。


昔は携帯電話がなく、
自宅にかけるときは
どうしても思い出す必要があり、
思い出せなくても何回も繰り返しているうちに
気がついたら覚えていました。


もう何十年と完全に使っていないのに
何となくリズムの様なもので覚えてしまっています。


記憶ってこんなものなんだと思います。


繰り返し繰り返し脳の中に入ったものは
無意味は数字の羅列であっても
ずっと記憶の中に留まるということです。


だとすれば、教員採用試験の勉強であっても
やはり同じような作業が必要になります。

覚えにくい残されたわずかな内容は
覚えようとして覚えるのではなく
読みものとしてトイレ行くとき、
一日の勉強をするスタートのとき、
昼飯の後、
勉強を終える時と
繰り返しの頻度を上げてあげる。


そうすることで
情報が脳に留まっている時間が長くなり
脳は超大切な情報だと認識する。


結果として覚えてしまう。


シリアスにストレスを溜めていると
他の勉強にも影響が出るので
ちょっと肩の力を抜いて
繰り返しの頻度を上げてみてくださいね!


気がついたら覚えていた
という時が必ずやってきます。


暗記できないと思い込んで苦手意識が
強くなってくると、
そのことから逃げてしまい、
最終的には、実は繰り返しの回数が
他と比べて少ないなんてこともあります。

あんがい、そんな回数的なことが
暗記ができないという思い込みを
生んでいるかもしれませんよ!


--------------------------------------------------
教員採用試験の合格までへの地図があるか無いかで、
合格にたどりつくまでの確率は大きく変わります。
ぜひ、合格までの道のりを頭の中にインストールしてください。
こちらから

--------------------------------------------------