【驚き!】1ヶ月無料で教育書が読み放題です!!

2015年6月9日火曜日

教員採用試験には独学で挑戦するからこそ意義がある


みなさんは教員採用試験に向けて
独学で追い込みの最中でしょう。



そんなとき、何とか近道はないかと考えることがあるはずです。
近道とは最短で合格するということだったり
効率良く勉強をするということだったりします。



そんなとき、私が考えていることがあります。


教師に最短でなることが
教員採用試験の目的でいいのだろうか?
ということです。


私が考えていることは
教員採用試験の勉強を通して
教師になる準備をするということが
大切な本質の部分ではないかということです。




教員採用試験の勉強でもがき苦しむ過程は
まさにみなさんが教える子供たちが
経験する過程だと思います。


そんなとき、もがき苦しむことを悪として
安易な道を差し出すことは
決してやさしさの本質ではないはずです。


もがき苦しむ経験ですら
子供たちが成長するためには不可欠なものであるはずです。


そうであるならば、
今みなさんがしている教員採用試験の勉強は
将来教師になってから生きる勉強なのです。


焦ってスクールに通って
ひたすら指示通りに動いた先にある合格は
確かに合格でしょうが、
それ以上でも以下でもないと思います。



自分の力で考えて、
自分で作戦を練り、
自分の弱い心と向き合って
その先に勝ち取った合格は
あんちょこに合格した人の100倍は価値があるはずです。



試験が近づいてきて
苦しいことがあるかもしれません。

しかし、今みなさんが行っていることは
間違った道でありません。


正面からぶつかって教員採用試験合格を

勝ち取ってください!